歯の黄ばみの原因と除去する方法

歯の黄ばみを除去する方法教えます。

歯を白く保つには日ごろのちょっとしたことに気をつけるだけで防げます。
今回、歯の着色汚れの原因を調査し、大きく3つの原因があることがわかりました。
みなさんが普段の生活で普通に考えられる内容を取り上げています。
病気や虫歯、歯の詰め物の変色などによる原因は除いています。
興味のある方、原因と除去方法を解説していますので参考にしてください。


スポンサードリンク

歯の黄ばみ 3つの原因

原因1:歯垢(ステイン)の付着

飲食することにより、口内が酸性となり細菌が活発に活動します。
酸が固いエナメル質をおおうと、エナメル質はやわらかくふにゃふにゃになります。
ふにゃふにゃ状態時に細菌と食べかすが一つになって腐敗してできた歯垢は付着しやすくなります。
通常歯磨きなどの手入れで取れますが、磨き残しがあると、時間がたつにつれ固くなりやがて歯石になります。
こうなると残念ながら歯磨きではとれません。

ポリフェノール成分を含む飲食物

お茶などによく含まれる成分です。湯呑を洗わないでおくと底が着色しますよね。
緑茶、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなど

色の濃い飲食物、合成着色料を使った食べ物

食べたあと、舌に色がついている食べ物が該当します。
カレー、ソース、醤油、ケチャップ、イチゴなどベリー類、たくあん、チョコレートなど

原因2:酸性の飲食物

口内を酸性状態に長時間さらすと、エナメル質が溶けて、内側の黄色い象牙質が表面化します。
有名なのが、コカコーラのだらだら飲みです。

原因3:たばこ、口紅、うがい薬などの薬品

たばこのやには口内で粘着質となり、歯に付着することで有名です。

 

もっと詳細を知りたい方は、記事「知らなきゃダメ!歯の黄ばみの原因」がたくさんの方に読まれてます。

 

歯の黄ばみの除去方法

上記原因の飲食物を食べるなとは言いません。
バランスよくおいしく召し上がることをおすすめします。
そして、以下内容で着色汚れを防いでください。

飲みものは、飲んだあとに水を飲むことにより口内を洗い流し着色を防ぐことができます。口臭対策としても有効です。

たばこは健康を考えて禁煙をおすすめします。

歯垢を残さないために夜寝る前の丁寧な歯磨きとデンタルフロスは必須です。

鏡で歯石(歯と歯茎のところに白いものががっちり付着している)が見れる場合は、歯医者へ行きましょう。歯石とりと塩水パワーで着色落とし(100%でない)をしてくれます。料金は3000円ほどです。

 

歯の黄ばみの除去方法、参考になりましたか。簡単なことですので、あなたも試してみてください。

 

定期的に専門的なケアをすると白い歯が持続

歯の黄ばみの除去方法、参考になりましたか。

 

自分の歯を鏡で見て、「本当に黄ばみがひどいなあ」と思ったら、
歯医者へ行って、歯のクリーニングで、黄ばみを取ることが一番の近道です。

 

日々のケアでは、「歯を白くする歯磨き粉」やホワイトニングジェルを使うことをおすすめします。
市販のホワイトニング歯磨き粉よりは値段も張るので、1週間に一度のケアでも白い歯を持続できます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたの参考になれば幸いです。

 


スポンサードリンク