黄色い歯の悩みを解決する3つの行動

歯の色の悩みを解消したい方へ

黄色い歯で悩んでいる方がたくさんいます。

 

なぜなのか原因を知りたい方も多いですが、それよりも解消して歯を白くしたい方が大半です。

 

原因はいろいろありますが、例えばワインですね。
特に赤ワインのポリフェノールが歯の色素沈着を説明していることが多々あります。
じゃあ、ワインを飲むのをやめるというのもおかしな話ですよね。
おいしいし、飲み過ぎなければ健康にもよいとされてます。

 

タバコはまあ健康によくないですが、リラックスしたい時に吸ってらっしゃる方も多いと思います。

 

歯の色の悩みを解消するのに、「何かをやめる」という引き算でなく、「自分で悩みを解消する行動」という足し算はどうですか
これから三つの行動を教えます。ちょっとだけお金が必要ですがチャレンジしてください!


スポンサードリンク

歯の色の悩みを解決する三つの行動

局所的な着色を落とす方法

前歯の一本だけとか、なぜか不自然に色がついている歯があります。

 

おすすめなのが「歯の消しゴム」。

 

シリコンゴムを歯にあててゴシゴシすることにより歯の色を取ることができます。
ただし、やり過ぎ注意(歯がボロボロになります)。
「歯の消しゴム」をネットで検索すると商品が紹介されます。

歯茎と歯の境が黄色いところを解消する方法

「歯茎と歯の境が黄色いところ」というのは歯石ですね。
悪い歯並び、歯磨きが下手などが原因です。

 

歯医者へいって歯石落としなど「クリーニング」してもらってください。
費用は三千円程度。
クリーニングでタバコのヤニや、飲食による着色もある程度落としてくれます。
終わると歯がツルツルで気持ちいいですよ。

市販品でなく専用の歯磨き粉で歯の色を落とす方法

市販の美白効果のある歯磨き粉は効果薄です。
やはり「歯を白くする」ことに重きを置いた歯磨き粉を使うことをおすすめします。
使い始めて2週間から1か月ほどで効果が現れるようです。

 

アメリカなど外国製は効果が高いし、薬液が歯にしみるなど大変で、日本人にあった歯磨き粉がいいと思います。

 

ちょっとお高いので、効果がでたあと、普段は市販の歯磨き粉、定期的に歯を白くする歯磨き粉を使えば、金銭負担も少なく持続効果もあるはずです。

自分でできるホワイトニング効果を実感したい方へ

忙しいあなたが、自由な時間に、安く、簡単にホワイトニングするには、「歯を白くする歯磨き粉」を試してみることです。

 

審美歯科のように、時間制限があり、高い費用で、施術してもらって、白い歯を手に入れても、永久に続くわけではありません。
3か月、6か月後には、また、通うことになります。
理由は、飲食する以上、歯の着色はまた起きます。

 

だから、多くの方が自宅で長く続けられる「歯を白くする歯磨き粉」を使っているんです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたの参考になれば幸いです。

 


スポンサードリンク