自宅でできる歯のホワイトニングを教えます。

忙しいあなたが、自宅でホワイトニングしたいなら参考に

忙しいあなたが歯を白くしたい、歯の黄ばみを取りたいけど、審美歯科や歯医者に何度も通うのは面倒。
そんなあなたに、自宅でできる歯のホワイトニング方法を教えます。

 

かける費用(料金)が高くても大丈夫ならホームホワイトニング、安く手軽にしたいなら、専用の「歯を白くする歯磨き粉」を使います。

 

白い歯は女性にとってのどから手が出るほど欲しいですからね。
アンケートでも女性が気になる口元第1位は「歯の黄ばみ」ですから。

 

では、説明していきますので、参考にしてください


スポンサードリンク

費用は高いが確実にホームホワイトニング

出費はでかいが、自宅で歯を白くしたいなら、ホームホワイトニングですね。
残念ながら、審美歯科やホワイトニングクリニックに2回は通って頂く必要があります。
あなた専用のマウスピースを作るためですから、なんとか時間をとってください。

 

料金

薬剤の濃度、薬剤の本数、マウスピースの精度によって変わってきます。2〜3万円以上は覚悟しておいてください。

期間

薬剤の濃度と目標にしている歯の白さにより変わってきますが、早くて2週間弱というところでしょうか。

ホームホワイトニングのやり方

マウスピースに薬剤をいれて、数時間装着します。
または、寝たまま装着できるホームホワイトニングもあるようです。

ホームホワイトニングのデメリット

費用は数万円しますが、早く歯を白くしたいあなたは、金額は気にしてないと思います。
でも、確実にホームホワイトニングしたいなら、気をつけることがあります。

  • 薬剤がしみて痛い
  • 我慢できないほど痛い方もいるようです。相談して、薬剤の濃度を下げるしかありません。
    最悪、我慢できずやめる方もいます。

  • 虫歯や歯垢、歯石がびっしりついていると、ホームホワイトニングはできない
  • 始める前に歯のチェックを行います。
    歯の状態が悪ければ、ホワイトニングの前に治療をする必要があります。
    しっかりやっておかないと、しみる原因にもなるからです。

  • 食事制限がきつい
  • 経験したみなさんが思う一番つらいことのようです。
    着色の強い食べ物は、原則食べないように指示されます。
    数週間ですから、結構きついのは確かです。

  • 審美歯科なら安心だが、歯医者にお願いする場合は実績重視
  • 歯医者でやる場合は、ちゃんと調べてくださいね。実績のないところでやると失敗することも。

 

「一度やっても永遠に歯の白さは手に入らない」ことは肝に命じてください

勘違いしている方がおられるようですが、食事をする以上、歯の着色はなくなりません。
1年後に再度ホームホワイトニングをする必要があるかもしれません。
少しでも、歯を白さを延命したいなら、「歯を白くする歯磨き粉」の使用も考えるべきですね。

 

安すぎる裏技に頼るのは危険

数百円で簡単、手軽にできるホワイトニング方法があります。
裏技といわれている方法ですね。

  • レモンで歯を白く
  • スポンジ(劇落ち君など)、重曹、塩で歯を白く

 

私の考えを言いますね
裏技は禁止です!絶対やってはだめ

 

理由は簡単。素人が歯を白くしたいというだけで、歯のエナメル質を削り、損傷させては取り返しがつかないことになるからです。
やってすぐは、白くなって満足するかもしれませんが、やがて、ひどい着色やひどい歯の損傷に後悔します。

 

1日だけでいいから歯を白くしたい

とりあえず、1日だけでいいから歯を白くしたいという方もたくさんいます。
例えば、「結婚式当日だけ」とか。

 

そんなあなたには、「歯に塗るマニキュア」をおすすめします。

 

でも、気をつけてください。ぶっつけ本番はだめです。
思ったより難しいからです。
よく言われるのは、上手に塗らないと、色ムラができるからです。
しっかり練習して本番を迎えてください。

 

自分でできるホワイトニング効果を実感したい方へ

忙しいあなたが、自由な時間に、安く、簡単にホワイトニングするには、「歯を白くする歯磨き粉」を試してみることです。

 

審美歯科のように、時間制限があり、高い費用で、施術してもらって、白い歯を手に入れても、永久に続くわけではありません。
3か月、6か月後には、また、通うことになります。
理由は、飲食する以上、歯の着色はまた起きます。

 

だから、多くの方が自宅で長く続けられる「歯を白くする歯磨き粉」を使っているんです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたの参考になれば幸いです。

 


スポンサードリンク