歯のホワイトニングで副作用が出た場合、最悪もっと費用がかかります。

歯のホワイトニングの副作用について報告

歯のホワイトニングをすると、副作用があるかもしれないと思っているあなた、副作用がないとはいえません。

 

しかしながら、あなたが、歯の黄ばみがひどくて悩んでいるなら、ホワイトニングはした方がいいです。

 

副作用がどんなものか、あなたがやろうとしているホワイトニング方法によってかわってきます。

 

ホワイトニング方法によっては、副作用なんてない方法もあります。

 

副作用について、調べましたので、参考にしてください。


スポンサードリンク

事前に副作用があるかわかる方法

副作用というよりも、ホワイトニングをしている最中に痛くて続けられなくなります。

 

理由は、あなたが、知覚過敏がある場合です。

 

ホワイトニング方法で、審美歯科などで、専用薬液を歯につけるんですが、歯がしみて痛く無理な方がいるようです。

 

またアメリカで市販されている「3D クレスト」も歯にテープをつけますが、歯がしみて堪えられないと口コミしている方も。

 

審美歯科で、本格的にホワイトニングをする場合、まず、知覚過敏を治してから挑戦してください。

 

知覚過敏があるということは、あなたの歯と歯茎には異常があります。歯医者でしっかり治療してから、ホワイトニングするほうが効果的です。

 

裏技的なホワイトニングに副作用はあります

ネットで流行っているホワイトニング方法は本当に気を付けたほうがいいですよ。
安価にできるので、参考にしている方もいるようですが。

  • 重曹やスポンジ(激落ちくん)
  • 研磨剤として、歯をゴシゴシして歯の汚れを取る方法です。

  • レモン
  • 成分であるクエン酸が歯のエナメル質を溶かして、表面の汚れを取る方法です。

 

はっきりいえば、失敗した時の副作用として、歯のエナメル質を傷つけ、今より着色しやすい状況になります。
エナメル質は一度、傷つけてしまえば、元にはもどりませんから、注意してください。

 

ネットでは、重曹を使ってかなり詳しくかいてある情報もあります。
でも、プロでもないし、失敗しても責任は取ってもらえません。
副作用のことを考えれば、やめておいたほうが身のためです。

 

副作用について考えてみた

はっきり言えることは、

  • 裏技的なホワイトニングはやらないこと
  • 歯や歯茎に異常があるなら、治療してからホワイトニングをやること

これだけは、守ってください。

 

昔のホワイトニングの施術方法で、金属でできた白いかぶせ物などは、今では人体の影響を考えて使われておりません。
今は安全なセラミック(陶器製)に代わってます。
審美歯科などプロフェッショナルが行う場合、道具などで副作用がおこることはほとんどないようです。

 

副作用のないホワイトニング

あなたの歯と歯茎が健康であれば、ホワイトニングに挑戦してみてください。

 

高い費用も出せるのであれば、審美歯科がおすすめです。

 

私のおすすめで必ずやってほしいのは、歯医者で歯のクリーニングをしてもらうことです。
タバコのヤニ、ワイン汚れなどの歯の着色はかなりきれいにしてくれます。

 

専門家にやってもらったあとは、どうやって自分で努力して効果を持続させるかです。

 

1度ホワイトニングをしても、飲食をすれば、また着色は始まります。

 

でも、頻繁に専門に通うと費用も高くなります。

 

安く効果を継続するには、あなたの日々のケアが必要です。

 

副作用のないホワイトニング効果を継続させる方法

わたしのおすすめは、市販の歯磨きと歯を白くする歯磨き粉の併用です。

 

市販の歯磨き粉があまり効果がないのは、今の自分の歯をみればわかりますね。

 

高い「歯を白くする歯磨き粉」を常用するのはもったいないです。

 

私の提案は、週に何度か「歯を白くする歯磨き粉」を使って、効果を持続させることです。

 

評判の「歯を白くする歯磨き粉」を試して下さい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたの参考になれば幸いです。

 


スポンサードリンク