タバコが原因で歯の黄ばみがひどい方、すぐに取る方法教えます。

タバコのヤニが原因で、歯の黄ばみを悩んでいる方へ

タバコを長年吸っていると、いつの間にか、歯の黄ばみが目立ってきます。
ニコッと笑った時に、歯の黄ばみがひどいと、相手に最悪の印象を与えます。
それも、清潔感がない、だらしないと思われます。
そんなタバコですが、最近では女性が吸っているのも多く見かけます。
女性の社会進出が目立ってきている中、当然、比例するようにストレスも多くなり、ちょっとした気分転換に、たばこを吸っている方も多いですね。
看護師さん、夜のお勤めの方、管理職の方など。

 

こんな統計もあります。
女性の口元で気になるのは何?を調査したところ、
口臭や銀歯が見えるでなく、歯の黄ばみが一番気になると回答されてます。

 

いずれにしろ、男性、女性にかかわらず、歯の黄ばみは早く取ることが大事!


スポンサードリンク

さて、タバコですが、なぜ、歯の黄ばみを助長するのか

タバコに含まれるタールが非常に粘着性が強いからです。
あなたも、換気しない部屋でタバコを吸っていると、大掃除の時に気付くはずです。
壁、カーテン、ガラスを拭くと、雑巾が黄色くなりますよね。
あの黄色の成分タールが歯に付着してるのです。
やっかいですよ、なかなか落ちませんから。

 

さらに、あまり知られてませんが、

こんな方はタバコで歯が黄ばみやすくなる生活を送ってます。

  • 換気しない部屋でタバコを吸う:タバコの煙が常時が部屋にこもり、その淀んだ空気で呼吸しているんです。淀んだ空気にはまだ、タールも浮遊しているからです。車中も同じです。
  • タバコの煙を口の中でもてあそぶ方:吸って、すぐに吐かないで、口の中で煙をしばらく滞留させているので、歯にタールが付着しやすい状況になってます。
  • ヘビースモーカー:次から次へとタバコを吸うので、常時、口の中でタバコの煙が常駐しているので、タールがどんどん歯へ付着します。

 

タバコの歯の黄ばみを取る簡単な方法

一番いいのは、タバコをやめることです。これが健康にも歯の着色防止にも効果的
といえば、簡単ですが、なかなかやめられないのがタバコですね。

 

簡単に黄ばみを取る対策

部屋の換気をまめに

たばこの煙がこもらないように、部屋、車内はしっかり換気することですね。大分違うと思います。

口の中で煙をくゆらせない

煙を口の中で味わう吸い方をしている方はすぐにやめてください。ヤニがどんどんついていきます。

擦った後、炭酸水を飲む

吸い終わった後、炭酸を口の中でうがい。するとヤニがつきにくい。

食後、すぐは吸わない

脂っこい食事の後のタバコはおいしいですよね。でも、食後口内では、歯の再石灰作業が始まります。この時、タバコを吸うと、ヤニも一緒に再石灰で歯に色素沈着しやすくなります。できれば、食後30分後に。

 

 

すぐに歯の黄ばみを取りたい方は

 

体験記事「即効タバコのヤニを取る方法」にすぐに歯の黄ばみを取る方法が書いてあります。

 

あなたも汚い歯から早く脱却する内容です。参考にして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたの参考になれば幸いです。

 


スポンサードリンク