話題の歯の黄ばみを取る裏技。自宅で簡単というけど大丈夫?

歯の黄ばみを取る裏技が気になっている方へ

歯の黄ばみを気にしている人がたくさん。
正直、歯の黄ばんでいる人を見た時の思うこと、
「汚い」、「歯を見せて笑うな」、「だらしない」など、最低なイメージしかありません。

 

そして、自分の歯を見た時、歯の黄ばみがひどいと思ったら、がっかりですね。

 

歯の黄ばみを取りたいと思った時から、いろいろ情報を得るために勉強します。
たくさんあって面倒くさいんですよね。

 

歯の黄ばみを取る裏技の情報が満載ですね。どれが効果あるのか?

 

自宅で歯の黄ばみを取る裏技、一番いい方法は知りたいと思っているあなたは、参考にしてください。


スポンサードリンク

歯磨き粉以外で歯の黄ばみを取る方法

ネット上で、歯の黄ばみを取る方法として、裏技的なことをよく見かけます。
裏技というのは、歯磨き粉や審美歯科などを使わずに、歯の黄ばみを取る方法です。

重曹

重曹は、大掃除の時にレンジの汚れなどをとるのに重宝します。
重曹の研磨力を使って、歯の黄ばみを取る方法です。

レモン

レモンを直接、歯にこすりつけて、歯の黄ばみをとる方法です。

スポンジ

激落ちくんが有名です。歯にゴシゴシ、摩擦力、研磨力で歯の黄ばみを取る方法です。

 

裏技は頼ってはダメ

安価に手に入る商品なんですが、やり方も難しく、失敗すれば、歯のエナメル質を傷つけ、歯の黄ばみがひどくなります。

 

レモンの成分のクエン酸が歯のエナメル質を溶かして、歯の黄ばみを取る。
重曹、スポンジは研磨力で歯の黄ばみをとる。

 

いづれにしろ、人間がやる以上、程度がわかりません。
当然、あなたがやったとして、歯の黄ばみが取れるまで、がんばっちゃうわけです。

 

で、歯の黄ばみが取れたと思ったら、歯のエナメル質をめちゃめちゃになって、しばらくしたら、歯の黄ばみがひどくなります。
その時には手遅れなんですけどね。

 

裏技は危ないので手をださないこと!

 

自分でできるホワイトニング効果を実感したい方へ

忙しいあなたが、自由な時間に、安く、簡単にホワイトニングするには、「歯を白くする歯磨き粉」を試してみることです。

 

審美歯科のように、時間制限があり、高い費用で、施術してもらって、白い歯を手に入れても、永久に続くわけではありません。
3か月、6か月後には、また、通うことになります。
理由は、飲食する以上、歯の着色はまた起きます。

 

だから、多くの方が自宅で長く続けられる「歯を白くする歯磨き粉」を使っているんです。

 

あなただって思わず納得する、「自分で歯の黄ばみを落とす歯磨き粉おすすめ3つのポイント」で、素敵な笑顔を取り戻して下さい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたの参考になれば幸いです。

 


スポンサードリンク