市販の歯磨き粉で歯を白くし継続するには2つの商品は必要!

歯を白くする歯磨き粉で悩んでいる方へ

あなた、自分の歯が黄ばんでて、もっと白くならないか悩んでますね。
でも、歯医者でホワイトニングすると高額費用が。
そこで、あなたが考えるのが、市販の歯磨き粉でセルフホワイトニング。

 

でも、歯を白くする歯磨き粉もたくさんあるので、どれを選んでいいか迷いますよね。

 

そんなあなたに、確実に歯を白くする市販の歯磨き粉を教えます。
歯を白くし、白さを継続させるには、2つの商品が必要です。

 

2つの商品とは、
アメリカ製の歯を白くするテープでおなじみの「3Dクレスト」と
日本製の歯の黄ばみを最速できれいにすることで評判の「パールホワイトプロ」です。

 

薬局やドラッグストアでは、3Dクレスト、パールホワイトプロは販売されてませんので、
なじみのない方もいらしゃるかもしれません。

 

それでは、2つの商品の特徴と選ぶ理由を説明しますので参考にしてください。


スポンサードリンク

市販の歯を白くする歯磨き粉の特徴

今、多くの方が選んでいるのが、アメリカ製の3Dクレストと日本製のパールホワイトプロ

 

3Dクレストの特徴

読んで字のごとく「歯を白く」したいなら、クレストを選択すべきです。
成分である「過酸化水素」が歯の内部へ浸透し、歯の色を漂白します。
漂白するので、しっかり白くなります。

 

デメリット

 

歯を白くしますが、歯の汚れはとってくれません。

歯の黄ばみの原因である、ステイン(ワイン、お茶などで着色)やタバコのヤニをとることはできません。
汚れを取ったきれいな歯に使用して歯を白く作用があります。

 

自分がしたい歯の白さ(明度)になるかはわかりません。

アメリカの市販品なので、どの程度の白さになるかは、あなた本人がやってみないと結果は不明です。

 

知覚過敏の方は注意

知覚過敏、虫歯など歯に異常がある方は、歯医者で治療してください。
「しみる」という感想も多いです。

 

クレストを日本で使う場合の注意点

3Dクレストは日本のドラッグストアなどでは市販されてません。
日本の会社が代理店となって販売することもできません。

 

理由は、「過酸化水素」を個人で使用することは日本の法律では違法になるからです。
日本では、医者しか使用することができないんです。
(歯医者がホワイトニングする時は、過酸化水素を使用)

 

もし、購入したい場合は、アマゾンなどで購入し、自己責任で使うことになります。

 

パールホワイトプロの特徴

歯の黄ばみなど着色の原因であるステインやタバコのヤニを除去し、歯本来の白さをだします。

 

実際、きれいな歯になると、多くの方が、自分の歯本来の白さで満足しているようです。歯を漂白してまで白くしたいとは少ないようです。

 

日本で売られている歯を白くする歯磨き粉の中では個人差はありますが、歯をきれいにするまでの日数は一番短い商品群に入ります。

 

デメリット

過酸化水素は成分に入ってないので歯を漂白することはできません。

 

あなたが目指す歯の白さ

自宅で自分で簡単に美白用歯磨き粉で歯を白くしたい場合、
3Dクレストとパールホワイトプロの特徴から、
あなたの目指す歯を白くする方法を説明します。

 

黄ばんで汚い歯をきれいにしたい

パールホワイトプロを使うことをおすすめします。

 

黄ばんで汚い歯を白くしたい

パールホワイトプロを使って歯をきれいにした後、
3Dクレストで歯を白くします。
歯のステイン付着を防ぎ、白さを継続させるために、パールホワイトプロを使います。
半年か1年後に、再度3Dクレストで白くします。

 

1度歯が白くなったとしても、定期的に同じことをする必要があります。
人間が飲食する以上、歯の着色はまた起きます。

 

 

歯を白くする歯磨き粉の詳細

3Dクレストもパールホワイトプロも薬局やドラッグストアでは販売されてません。
詳細を知りたい方は、以下方法で確認願います。

 

3Dクレスト

AMAZONの検索で「3Dクレスト」を入力すれば表示されますので、詳細を確認ください

 

パールホワイトプロ

↓↓↓以下の公式サイトをクリックしてください↓↓↓
パールホワイトPROEX

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
あなたの参考になれば幸いです


スポンサードリンク